いつもの妊婦健診のはずが、28w4d心臓疾患発覚

そろそろ妊娠後期も見えてきたな~という感覚の28w4dの妊婦健診。
私が通っていたのは、近所だけどもNICUも完備されている、大きな病院。
4歳長女の出産のときに、切迫早産になったり、NICUにお世話になったりしたので、やはり安心できる病院がよいと思っていました。
この病院なら、何があっても大丈夫。そんな風に思っていました。

大病院ならではなのか、上からのエコーが全部で3回しかないという不思議なシステム。
この日は、その内の1回のエコーをする日でした。

「逆に問題のある方は毎回エコー診させていただきますので^^」なんて主治医の先生に言われ、
あ、私は健康だし、赤ちゃんも順調に育ってるんだな、くらいに思っていました。

サクサクっと健診を終わらせて、幼稚園のお迎えまでゆっくりしたいな~なんて思いながらの
上からのエコー。

しかし、なんとも時間がかかってるんです。

最初は技師の方?が診てくれて、そして主治医の先生。
4歳長女のときは、エコーはサクサクっと終わったのに、こんなに時間かかる?
さらに、ヒソヒソとなんか不穏な空気が流れます。

お腹出して、ちょっと冷えるな~なんて思いながら、
あまりにも時間がかかるので、何か問題でもあるのかな?と気になりだしていました。

素人なのでエコーの画像はよくわからないけど、なんか心臓ばっかり見てるな、と思いました。

「少し気になることがありますので…」

という曖昧な説明を受け、そのままその日に産科部長の先生のエコー診察をすることになりました。

しばらく待って、産科部長の大先生のお出まし。
エコーの機械の前に、たくさんのお医者さんがあつまって画像を見つめる光景は、ドラマのよう。
明らかに、普通じゃない。

私にも、それはわかりました。

産科部長の先生は「お子さんは心臓に少し気になる点があります。」と、私に伝えると、
「あちらで改めて説明します。」と、部屋を移動することになりました。
その日に告げられた診断は2つ。

  • 大血管転移症
  • 心室中隔欠損症

2つの心臓病を併発している、とのことでした。
心臓病ってだけでも動揺するのに、2つも!!??

私は心臓病と言われただけで、ビックリして、ただただ気になるのは、

「死んじゃうのかな?(‘_’)」ということ。

生きられるのか、死ぬのか?

何歳まで生きられるのか?そもそも生まれてこれるのか?

無知すぎて、何もわからなくて、ただただ動揺しました。
泣いていました。

この日に聞いたのは、「手術が最低2回は必要になるだろう」ということ。
それってつまり、手術をすれば生きられるって言うこと?

「妊娠してから風邪とかひきましたか?」ということで、
母体が原因なのか?なにかウイルスが潜んでいないか、ということで最後に血液検査のための採血。

夫が迎えに来てくれて、頭と心の整理ができないまま、目を真っ赤にしてその日は帰宅しました。
次回は再診をしますので、ご夫婦でいらしてください。とのことでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました