ダウン症児の保活どーする!?保育園を選んだ理由&入園後の変化

スポンサーリンク

のっしーは3歳時(年少さん)から地域の保育園に通っています。

・なぜ保育園を選んだのか

・保育園に入るまで

・保育園に入ってから

・療育との両立

・保育園を選んでよかったか?

について、お伝えします。

なぜ保育園を選んだのか

3歳児からの選択肢は3つでした。

  1. 保育園
  2. 療育に週5で通う
  3. 私立の幼稚園

療育に週5で通うという案もありましたが、のっしーが通っていた療育は母子同伴。

週5で通えばダウン症であるのっしーの成長には良い環境かと思いましたが、母の体力・気力・労力的に非現実的である。
理想的ではあるが、療育は難しい。

私立の幼稚園を選ぶのか?

私立の幼稚園は、姉さんが通っていた園が近くにあります。
メリットはたくさんあります。

  • 近い
  • 姉さん育ての経験があるから流れがわかる
  • 兄弟の優先枠がある
  • 先生達も知っている
  • ママ友もいる
  • 制服などのお下がりがある

ただ、幼稚園のデメリットが気になりました。

  • 加配の先生がつくかわからない
  • あまりウェルカムな印象ではない
  • 加配の先生がついたところで頼りない

ダウン症児に保育園を選んだ理由

  • 本人の刺激になると思った
  • 加配の先生が必ずつく
  • 保育園は「生活」をする場
  • 保育時間が長い→人生長い
  • 給食がでる
  • ダウン症仲間は保育園児が多い

結局、消去法?というわけではないけど、メリットとデメリットを照らし合わせて選びました。

保育園に入るまで

保育園に入るためには就労していないといけないので、前年は確定申告をして仕事してるアピールをしました。

市役所で保育園を探していると相談したら、ダウン症児の受け入れ可能な保育園を教えてくれました。

何もわからなかったのでありがたかったですが、後にママ友から聞いた情報によると「そこはやめておいた方がいい」という保育園も入っていました。

参考程度にピックアップしてもらい、自分の足を運び、見学し、話を聞きに行くことが大切。

市内の保育園を3~4つ見学に行きました。

のっしーの市は第6希望まで保育園を出せました。

が、「この中ならどこに当たってもいい」と心から思える園のみ、第3希望まで書いて提出しました。

保育園に絶対入れたいと思うと、第6希望まで書かなきゃ!と思うかもしれませんが、

いざ通わせるのに不安がある園は絶対に選ばない方がいいです。

「この第3希望までの保育園がダメだったら、週5で療育に通おう」と決まっていました。

そして、「この保育園なら通いたい!」という保育園を近い順に(笑)3つ書きました。

近いの大事だから。

そして第3希望の保育園に決まりました。

保育園に入ってから

最初の1年目は、よく休んでいました。

1年で3回くらい入院したと思います。風邪で。

ただ心臓科の主治医の先生に「50%登園できていれば合格です」といわれ、合格ということにしました。

療育との違いは、周りのお友達がよくおしゃべりをしていたということです。

同年代の子供の声で、のっしーに話かけてくれたり、サウンドとして子供の声が飛び交う環境が良かったと思います。

発語はありませんが。

お散歩に行ったり、階段を昇ったり、体力面でも成長しました。

親と離れて1日を過ごすという経験は、療育ではできないので良かったかなと思います。

療育との両立

保育園週4回、療育週1回で併用利用していました。

のっしーは療育は母子同伴なので、週1日はママと過ごすという感じ。

療育とは別に病院でOTとSTを受けています。

仕事の時間もできて、のっしーも社会生活頑張ってて良いと思います。

保育園を選んでよかったか?

療育週5という選択肢もあったけど、保育園でよかったと思います。

小学校で支援級や支援学校を選ぶとなると、保育園のこの数年が健常児と触れ合える貴重な時間になります。

当たり前に居場所がある環境を、どこに置くべきか。

常に迷いはありますが、これが正解だと信じて進んでいきたいものです。

療育選びでもそうですが、決めても常に「これでよかったのかな」という迷いをかんじる タイミングはあります。

保育園と併用しながら療育の回数を増やした方がいいのかなとか、迷います。

ただ、もうタラレバの話になってきますので、信じた道を親子で突き進むのみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました