ダウン症の赤ちゃんが寝がえりをする時期はいつ?

ダウン症成長

成長に関しては、全て遅いと言われるダウン症の赤ちゃん。首が座るのも、歩くのも遅いとは言われていますが、では寝返りはどうでしょう?

最近のっしーは寝返りができるようになったので、我が家の場合のダウン症寝返り事情をご紹介します。

ダウン症で生後7か月で寝返り

のっしーの場合は、生後7か月に入ってすぐ…7ヶ月と2日くらいである日コロンといきました^^

それまでも、実は「そろそろいきそう!!」って期間が長くてですね。正直、やっと転がったか!って感じでした。

寝ながら体を左右に振るんですが、なかなか転がらない。そんな時期が数ヶ月あったような気がします。首が座るときもそうだったんですが、「お!そろそろできるか?」と思ってから、完了するまでに時間がかかるというか。そういうところに時間をかけるタイプなのかもしれないです。

そして、ある日突然できるようになったら、すぐに1日に何回もコロコロするようになりました。

左ができたら、すぐに右もできるようになりました(^_-)-☆元々縦抱っこが好きな子でしたが、寝返りを覚えた頃から起きたい願望がさらに強くなったみたいで、腹筋に力入れて気張ってることが多いです。(笑)自力では起きれないのに(笑)

 

最初は寝返りをしても腕を抜くのが苦手だったけどだんだん上手になり、顔が上がるようになり…って感じで、ひとつひとつゆっくりクリアしていってる感じです。

 

ダウン症の寝返りの時期はいつ?

健常児のいわゆる普通の赤ちゃんの場合の寝返り時期の目安は、生後3ヶ月~9ヶ月頃と言われているようです。これもだいぶ幅広いですけど( ゚Д゚)

ダウン症の赤ちゃんの場合は、生後4ヶ月半~9ヶ月過ぎが目安になるみたいです。

のっしーは生後7ヶ月だったので、まぁフツーです。こんなもんです。

ネエサンのときも思いましたが、健常児でもこれは個人差があるものなので、早い遅いというのにはあまりとらわれる必要ないかな、と思います。

 

ちなみに、のっしーが寝返りをコロンとしてから、なかなか首が上がらなくてですね。背筋が弱いのかな?のくせに、うつ伏せになりたがるという、やっかいな時期がありまして。

背筋強化姿勢(私が勝手に言ってるだけです)として、

こんな風に授乳クッションに乗せて、背筋を反らせるような姿勢をさせていました。最初は、顔がクッションに埋もれて窒息しないようにしっかり見てないといけませんが、クッションがある方が楽みたいで、機嫌が良かった♪

さらに、この特訓のおかげ??で、うつ伏せでも顔をしっかりと上げられるようになったような気がします(^^♪

 

それぞれ成長のスピードや好きな姿勢、タイミングなどあるかと思いますが、参考になれば幸いです★

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました